Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日より今日・・・

そして今日より明日。

甲賀君、ものすごい勢いでレベアップ♪

甲賀君とは、とある方のサブ投げっ子。
ビシャも初めての挑戦(*´ω`*)

甲賀君


この調子で120までツッパシレェェェヽ(*´∀`)ノ ♪


そしてずーっとツルんでた、みきちゃが多忙のためスコシ休憩するとのこと。

みきちゃと


なので、その晩いつものメンバーでビシャいってきました(*´∀`)

でれちゃ、しふちゃ、みきちゃ、らんちゃ、あたし。

何度か5人で行ったけど、5分切るメンバーですねb

何気に男性に囲まれてる(*´д`*)ハァハァ


またみきちゃが帰ってきたらみんなでいこうねっ♪


お見合い


んで鳥のお見合いw
実はこの時ギルクエ㊥>< ((ゴメンナタイ

よく見ると微妙にトサカみたいのとかシッポがちがうんですねぇw


んでもってレヴィアタン↓

レヴィアタン


もう狩ったときある人多いとおもうけど、
誘惑とやら・・・面白かったです(*´д`*)ハァハァ




ハイ、今日はこれだけww

なんて文章力の無さ。・゚・(つД`)・゚・。


思ったことはいっぱいあっても、文章にするってナカナカ難しいです><

(*;ω人) ユルチテ・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そしてリアの事をスコシ。


「おもてなし・・・お客様への最高の接客。」

最近とてもよく考えさせられます。


今やってる仕事は、懐石料理をお運びするお仕事なんだけど、
お昼の部というのは色んなお客様がいるもので、

仕事合間にやってくる方、お友達との楽しいお食事、
お子様連れてママ同士でお食事に来る方、
奥様方のサークルの集い、両家揃っての顔合わせ、などなど・・・

十組いれば十組の雰囲気に合わせたおもてなしをしなければならない。

ただ単に料理を運べばいいってもんじゃない。

それなら子供でもできる事。

お料理の味を良くも悪くもするのは接客のしかたにかかってくる。


どんなにマナーのなってない客でも、こちら側が気持ちを込めて
接客すれば、必ずお帰りの際には「おいしかった」この言葉が聞けます。


そぅ、お客様が大満足して帰って頂ければそれでいいのです^^

どの商売でもそうだと思います。

次に繋げていくのも、私たちホールの仕事。
一つ一つの接客が次ご来店へと繋がるのです(*´ω`*)

そして最近よくみる子供連れのお客様。
マナー悪すぎですorz

連れてくるのはいいですが、廊下で運動会やらせないで下さい(-ω-;)゛

・・・といいたい。ここで言ってもしょうがないんですがね><;

というのは、他客もいるのですから(;´Д`)ファミレスじゃありませんので!

自分たちは食事しながらオシャベリに夢中になって、子供たちはほったらかし。
そんな親が増えています・・・

場をわきまえて、自分の隣に座らせとくなり、遊ぶおもちゃもってくるなり、
ソバにおいておく方法はいくらでもあると思います(;´Д`)

それに料理を運ぶ廊下でもあるわけで、もしぶつかったら
タイヘンなことになります><

よく聞く親たちの言葉。
「お店の人に怒られるからこっちきなさい」


・・・・・

・・・・・(-ω-`*)



それちがうでしょw
どんな躾方よwww

そんな言い方でしか子供をソバに座らせられないのでしょうか。。。


決してガンつけてるわけじゃないですよ((((;゚Д゚))))

こぅ、優しい笑顔で目で訴えます^-^


それは冗談ですがwww

大人としてのマナーですね、もう一度見直していただきたい。

余談になりましたが、
ここで皆様にアンケート。

「また来てみようかな♪」
そう思わせるのはどのような接客された時ですか?



参考にさせて頂きたいので具体的に教えてほしいです><



スポンサーサイト

コメント

男の子に囲まれてビシャ・・・・ハァハァ
うらやますぃ・・・

最近の親、私も見てて気になるなぁ。
「お店の人に怒られるから・・」っていうのすっごい気になる。
親ならちゃんと自分で怒れー!!
私もけっこうマナー気になるタイプなんで、もっとどうにか出来ないのかなぁって思う。
自分で叱れない親が増えてるね。

うれしい接客かぁ。
なんか気遣ってくれてるんだなぁってわかる接客はうれしいね。
具体的に何?って言われたら難しいんだけど・・・。
それに何より笑顔!!
一番気持ちいいものですb
笑顔でがんばれー!!

間違えてるよ

狩ったときある人Χ狩ったことある人〇
こうゆう間違えする幼稚な奴よくいるよね(o^∀^o)
君はその仲間入りしないように気をつけてね(^O^)


「~したときある」という表現は関東地方と東北地方では使われている表現なようで。
必ずしも間違いことばであるとは限らない。
注意する場合はちゃんと調べてから注意するように。

一番は味!!
その味は雰囲気によっても変わるもの。
ホールスタッフの印象にもよって雰囲気も変わる。
ほどよい気遣いとほどよい笑顔。
やりすぎは迷惑と思われることもあるからね。

焼き鳥屋店員でした。
焼き鳥焼くとき、飲み物おかわり等、俺御指名の人もいた。
もちろん顔は良くないから接客で指名してくれてたんだろーね。
お店に来ること自体は値段が安かったり、マスターと知り合いだったり、料理がおいしかったりと色々あるだろうけど、雰囲気を楽しみにしてくるお客さんもいるかも。

そのお店それぞれの雰囲気があるはず。
赤ちょうちんの居酒屋ならわいわいしてる雰囲気。
ちょっとおしゃれなバーなら静かに語らう雰囲気。
その雰囲気を作り出す要因にやっぱり接客も絡んでくると思う。
「いらっしゃいませ」の言い方一つでも随分違うもんね。
俺らはもっぱら「ぃらっしゃいませっ!!」だったけど、いいんちょーのとこは多分普通の「いらっしゃいませ」だろうな。
その言い方一つでもやっぱ違うだろうし。

俺の得意な接客は自然な笑顔と元気とちょっとした心配りでした。
マニュアルに無くても「お忘れ物ございませんか?」とか「気をつけてお帰りください」とか自然に言えてるような店員さんがいるところに行きたいなって思うかな。
あくまでもマニュアルじゃなくて、その人の言葉で言われたことってすごくうれしかったりするかな。

てぃなc>ぅんぅんwやぱ笑顔て大事だよねb
わたしゃガンバルよーーー♪
てぃなcが抜き打ちできても、大満足させちゃうんだからっ☆

チ○○スs>ハジメマシテですかね。。
しふちゃの言ってるとおり、地方柄どうしてもこのようにな表現になるので、間違ってると言われても生まれ育ったこの地の言葉を変えることは難しいです。
簡単にいえば、過去に経験した事(その時間)については「~した時ある」と表現します。
確かに使わない方にとっては、地方の言葉というものは不適切な表現があったり、意味の通じない言い方であったり、不思議に思う事が多々あると思います。
実際使ってる人間はそれが当たり前なので、間違いと思ってないのですから^^

私から言わせてもらえば、
何処のどなたか存じませんが、貴方のそのような名前でコメント書き込むほうがよっぽど常識に欠けていると思いますが?^-^

しふちゃ>言葉というのは実に難しいね><
↑の人に言わせれば、「標準語しゃべれ!」ってことなのかなw
んな、ムリだしwwww
私は私なりにいきますょb


あくとしゃん>たしかにやりすぎは迷惑だよねw
最高の味+最高の接客。これ目指すb
日々勉強なのでがんばりまつ!

でれちゃ>ぅんぅん、でれちゃの焼き鳥屋さんはメッチャ元気よさそうだーーー♪
各店でのマニュアルは確かに違うけど、基本はみな同じだよねb
さりげない心遣いってホントちょっとしたことなんだよね!
こっちでは何気ない声掛けかもだけど、お客様の感じ方で「またこよう!」ってなるように
あたしもがんばる♪


☆皆様、ご回答有難うございました☆

つるこけももです。(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

ふーむ。接客ですか。
さりげない気配りや挨拶など、普通に出来ることを普通にしていただければまた行くと思います。
なにか用事で人を呼びたいときすぐ呼べる位置にいるか、または
呼んですぐ来てくれたりするだけでも私は安心できます。(単純w)

本筋とは関係ないですが、
「~したとき」という言い回しは、私、
恥ずかしながら全く存じませんでした^^;
お客様の中にはこのような方もおられるでしょうが、
無視することなく応えられたのはいいことだと思いますd(・ω・`)

では|・ω・)ノ[マタツル]|・ω・)ノ[マタコケ]|・ω・)ノ[マタモモ]

コメ(。・ω・。)ゞありデシた

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rinnohitorigoto.blog98.fc2.com/tb.php/28-31d72fd5

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

りん

Author:りん
Lv153のボウマスタ育成㊥

夢はニスロック装備!


ツイッター→DAISKI5346

 

♪いつもありがとう♪

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

くま?

 

 

リンク

ブログ内検索

 

 

QRコード

 

QRコード

 

☆きらきら☆

 

-Ma vie-

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。